ここから本文です

厳粛な場でも“我慢”できない!ギャグ漫画『女子無駄』作者は敏感すぎる “面白レーダー”の持ち主だった

2/14(金) 18:01配信

テレ朝POST

毎回放送中にはツイッターでトレンド入りし、回を重ねるごとに視聴率も奇跡の上昇。見るたびにクセになっていく“スルメドラマ”として、冬ドラマの中でも大きな話題を呼んでいる『女子高生の無駄づかい』(以下『女子無駄』)。

本作は、個性派ぞろいの女子高生=JKたちが、女子高生活をただただ無駄に浪費する日常を描いた同名漫画が原作だ。

2019年には同名アニメも放送された大人気作品は、どんな風に生み出されたのか。原作者・ビーノ氏に創作の裏話を聞いた。

◆キャラは自分のいろんな部分の分身

「バカ」「ヲタ」「ロボ」という特徴的な呼び名のJKたちが、男子ゼロの“女子高”という独特の空間のなかで、青春を浪費していくシュールで残念な毎日を描いた『女子無駄』。

本作の魅力は、なんといっても個性的すぎるキャラクターたちだ。ビーノ氏はこれらのキャラクターをまずあだ名から作り、その後に見た目や性格を肉付けして作り上げたと言う。

「それぞれの特徴を記号化したようなキャラを作り、それぞれで絡ませたら面白いんじゃないかというところから始まりました」

あだ名も性格も強烈なキャラクターたち。そのルーツ探るために学生時代について話を聞いてみたら、意外な答えが返ってきた。

「あんまり自分というものがなかったかもしれないですね。根っこにオタク気質はあったんですけれど、そこらへんはバレないようにしていました」

学生時代は、友達の影響を受けてファッションやスタイルをコロコロ変える“どこにも入りきれてない系女子”だったと言う。しかし、「いろんな人に影響を受けたから、いろんなキャラクターを思いついたのかもしれない」とも。

「ガッツリ当てはまる友達がいるわけじゃないですが、友達の“変”な部分を少しずつかいつまんで持ってきてはいます」

個性的ながらどこか「いるいる」とうなずいてしまう理由は、こんなところにあった。さらにビーノ氏は、友達だけではなく自身も「キャラクターに投影されている」と告白。

「やっていることはヲタが近いんですけれど、根っこはバカとかヤマイのほうが近いのかもしれないですね。だけどロリのコンプレックスもけっこうあります。童顔で舐められがちで、子ども扱いされることも多かったので。あと、『女の子かわいい』というリリィの気持ちもすごくわかる」

1/2ページ

最終更新:2/14(金) 18:01
テレ朝POST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事