ここから本文です

19年の健康食品ネット通販支出、「総世帯」は1%減

2/14(金) 14:07配信

健康産業速報

 総務省統計局がまとめた「家計消費状況調査結果」で、総世帯における2019年の健康食品インターネット通販支出額が前年比1%減となったことがわかった。2人以上世帯は好調だったが、一人暮らし世帯が大幅に支出を減らした。

 「総世帯」の19年平均結果によると、1世帯あたり1か月のネット通販支出額は1万2683円で、前年比15.0%増。このうち「健康食品」は473円で、同1.3%減となった。2人以上世帯は542円で同6.3%増と好調だったが、単身世帯が338円で同18.8%減と落ち込んだことが影響した。

 総世帯の健康食品ネット通販支出を世帯主の年齢階級別にみると、支出額が最も多い50代は683円で前年比7.2%増と好調。60代も556円で同10.8%増と伸びた。このほか伸びたのは30歳未満のみで、そのほかの年代はいずれも前年割れとなった。

最終更新:2/14(金) 14:07
健康産業速報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ