ここから本文です

新型コロナウイルス、新たな段階に入っても一般の人の対策は同じです

2/14(金) 16:50配信

BuzzFeed Japan

厚生労働省は12日、新型コロナウイルス (COVID-19)に感染した神奈川県の80代の女性が死亡したことを発表し、国内で初の死者が確認されました。女性は、やはり感染が確認され、肺炎を発症して入院中の東京都のタクシー運転手の親族といいます。【寄稿:今村顕史・駒込病院感染症科部長 / BuzzFeed Japan Medical】

和歌山県では50代の男性医師が感染し、患者からも感染者が確認されています。

千葉県でも感染が確認され、国内でも感染が広がっていることが伺われます。

この感染症は新たな段階に入ったと言えますが、一般の方はこれまでのように手洗い、咳エチケットを徹底するという対策を徹底していただくことに変わりはありません。

想定していたが、あえて触れなかった3つのシナリオが同時に発生
新型コロナウイルスが発生してから、様々な注意喚起を、BuzzFeed Japan Medicalでの発信、Facebookのブログ「あれどこ感染症」やTwitterなどで続けてきました。

しかし、これまで、あえて述べてこなかった3つの想定がありました。

・誰から感染したのか、接触者を追えない感染例の発生
・医療関係者の感染
・国内で死亡者が出ること

それらが今回、一緒のタイミングで報道されました。

報道や多くの人は、これまで「封じ込め」と「怖くない感染症」をキーワードに議論をしていました。

しかし、接触者が追えない例が出ると、「封じ込め策は意味がないのではないか」という思考停止につながります。

一般よりも、しっかりと感染対策をしているはずの医療関係者が感染したことは、個人での防御には限界があると、予防についての不安を高めてしまうかもしれません。

そして国内での死亡者の発生は、「怖さの増大」につながってしまいます。

こうした要素は不安を煽り、パニックやあきらめにもつながります。

しかし、それによって本来やるべき個人的な予防レベルを低下させてはいけません。不安な要素が多くなっているからこそ、日常的な予防を徹底することが大切なのです。

1/2ページ

最終更新:2/14(金) 16:50
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ