ここから本文です

右腕33人の競争を抜け出し、一軍キャンプをつかみとった育成選手・沼田翔平(巨人)の武器とは

2/14(金) 12:13配信

高校野球ドットコム

 昨年5年ぶりのセ・リーグ制覇の巨人。戸郷 翔征をはじめとした有望な速球派右腕が揃っている。

振りかぶる姿も絵になる沼田翔平(巨人)の高校時代

 そんな中、一軍沖縄キャンプの切符をつかんだのが育成選手の沼田 翔平(旭川大高出身)だった。旭川大高時代は最後の夏に甲子園出場。上半身と下半身のバランスが取れた投球フォームから140キロ前半の速球、切れのあるスライダー、カーブを投じる好投手だった。まだまだ発展途上だったが、フォーム技術が素晴らしく、しっかりと肉付けができれば大化けも可能な逸材だった。

 昨季は三軍で好投を続け、二軍ではわずか3試合だが、9イニングを投げ、8三振を奪い、2失点に抑える好投を見せていた。

 そして今回のキャンプでは紅白戦で好投を続け、一軍首脳陣に認められ、那覇で開催される一軍キャンプ入りが決まった。数多い若手速球派右腕の中で、同期の戸郷 翔征とともに抜擢された。育成選手の沼田は、ほかの投手より優れている点を挙げれば、再現性の高い投球フォームにあるだろう。順調にいけば、実戦力の高い投手へ成長する可能性を持っているだろう。ここからアピールで、支配下選手登録に近づけることができるか注目である。

最終更新:2/14(金) 12:26
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事