ここから本文です

子育て支援・少子化対策計画 男性の育児参加を促進/富山

2/14(金) 22:32配信

チューリップテレビ

 県は新年度から5年間の子育て支援・少子化対策計画について最終報告案を発表しました。

 案には出産時や子育て支援の充実、その一環としての男性の育児参加促進など7つの重点施策が盛り込まれています。

 14日の会議で示された基本計画案には、重点施策として産後うつ対策への支援や家事負担軽減を中心にした産後サポート体制の充実、男性の家事・育児参加促進などが盛り込まれています。
 県はこうした取り組みで第2子以降の出産意欲を向上させ、県民の希望出生率1.9を目標としています。
 また、計画案には昨年度3.9%にとどまった男性の育児休業取得率を13%以上にするなど5年後までに達成を目指す96の項目について数値目標も盛り込みました。
 委員からは「産後うつやワンオペ育児を支援することは虐待の防止にもつながる」といった意見や、「男性が育休をとった際、妻のサポートに何が必要か理解することが大事」といった意見が出されました。
 この基本報告案は14日出た意見を踏まえ、今年度中に基本計画として策定されます。

チューリップテレビ

最終更新:2/14(金) 22:32
チューリップテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ