ここから本文です

「自分のアートを知ってもらいたい」と五輪施設にSNSアカウント落書き

2/14(金) 17:04配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

東京・豊島区にある東京オリンピックの関連施設にスプレーで落書きをした疑いで、22歳の男が逮捕された。

猪野聖也容疑者(22)は、2019年12月27日の深夜、東京オリンピックのパブリックビューイングが行われる予定の豊島区立池袋西口公園の柱など9カ所にスプレーで、自分のSNSのアカウントなどを書いた疑いが持たれている。

調べに対し猪野容疑者は、「自分のアートをみんなに知ってもらいたかった」と容疑を認めているという。

警視庁は、渋谷区などにも同様の落書きがあることから、猪野容疑者の余罪を調べている。

FNN

最終更新:2/14(金) 17:04
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事