ここから本文です

富士市の郵便局強盗 70歳の被告、起訴内容認める

2/14(金) 15:06配信

静岡朝日テレビ

 去年、富士市の郵便局で起きた強盗事件の初公判が開かれ、被告は起訴内容を認めました。
 
 起訴状によりますと富士市内の70歳の無職の男の被告は去年12月、富士市の富士富士岡郵便局に刃物を持って押し入り、現金60万円を奪った罪に問われています。
 地裁沼津支部で開かれた初公判で、被告は「間違いありません」と起訴内容を認めました。裁判は即日結審し、検察側は「一定の計画性があり、郵便局員に取り返しのつかない大きな精神的被害を与えた」として懲役6年を求刑しました。一方、弁護側は「妻の介護があって仕事ができず、生活に困っていた」として情状酌量を求めました。
 判決は28日に言い渡されます。

最終更新:2/14(金) 15:06
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ