ここから本文です

新型コロナ 貿易会社の見方は…

2/14(金) 19:56配信

KKB鹿児島放送

KKB鹿児島放送

 終息が見えない新型コロナウイルスの波紋が経済や日常生活に広がっています。貿易会社に今後予想される影響を聞きました。
 
 鹿児島市で40年近く輸出入を手掛ける弓場貿易。倉庫には中国から輸入した自転車がおよそ1000台あり、県内のホームセンターなどに出荷していきますが、新生活の需要に十分な供給ができるか不透明だと話します。18年前のサーズの流行時よりも中国経済が成長していて、他の国からの輸入にすぐに切り替えることは難しいと話します。
 
 一方で、鹿児島から中国に向けた輸出にも影響が出ていると言います。さらに、意外なところにも新型コロナの影響が…。暖冬で葉物野菜は例年より3割程安くなっていますが、収穫が前倒された分、天候しだいでは1・2ヵ月後に品薄になるのではと懸念されています。それに加えて中国から安定して肥料を輸入できなくなっていて、今後、価格の高騰が心配されるということです。
 
 新型コロナウイルスの影響は観光にも広がっています。県は主要な17の宿泊施設でこれまでに少なくとも4900人分の宿泊がキャンセルになっているという調査結果を発表しました。国内でも感染者が増えて影響が広がっています。何よりも私たちはうつらない、うつさないということを心掛け、手洗い・マスクの着用等の予防対策がとても重要です。

最終更新:2/14(金) 19:56
KKB鹿児島放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事