ここから本文です

ステルス機? エアバスが未来の旅客機モデルを公開

2/14(金) 15:03配信

ロイター

欧州航空機大手エアバスが、これまで謎だった全翼機のスケールモデル(縮尺模型)を公表した。機体は主翼のみで構成され、空の旅を大きく変える可能性がある。

未来の旅客機はこんな形になるかも。

エアバスが11日、未来の旅客機のスケールモデルを公表。
名前は「マベリック」。フランスの非公開の場所で飛行実験を行っている。
主翼のみで構成する「全翼機」で、これまで秘密にされていた。
翼と胴体が一体の「ブレンデッド・ウィング・ボディ」と呼ばれる。
デザイン自体は新しいものではなく、米軍のステルス爆撃機を想像すると分かりやすいかも。
だが、まだ多くの課題があり、旅客機に採用されたことはない。
理由はまず、従来の航空機よりも制御がはるかに難しいこと。さらに、客室が広くて四角いため、どの窓からも遠い席ができてしまう。
エアバス社は、ビデオスクリーンでこの問題を解決できるか検討中だ。
全翼機とすることで、消費燃料と二酸化炭素排出量を20%削減できるという。
空の旅が環境に優しく、経済的になるなら、こんな旅客機がいつか身近になるかも。

最終更新:2/14(金) 15:55
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事