ここから本文です

リーガで3シーズン過ごした仙台の“岩壁”マテ「名古屋との対戦には良い印象」

2/14(金) 21:05配信

SPORT.es

14日(土)、都内で2020Jリーグキックオフカンファレンスが行われた。
過去に3シーズン(2013-2016/レバンテ)をリーガでプレーしたベガルタ仙台のDFシマオ・マテにインタビューを行った。プレーのみならず、精神面でも仙台を支えるマテは、今季もキャプテンを務める。

ロティーナ体制2年目 本格開花が待たれる桜軍団「今年はやれる自信が大きい」

■リーガとJリーグの違いは
「一番の違いはプレーの強度。プレッシャーも早いし、フィジカルもスペインの方が強い。スタジアムの雰囲気も若干の違いがある。ファンが選手に与えるプレッシャーがスペインの方が圧倒的に大きい」

■Jリーグでやりにくかった相手は
「たくさんやりにくい選手はいた。興梠慎三選手、ディエゴ・オリヴェイラ選手、ジェイ・ボスロイド選手が中でもやりにくかった」

■新加入のイサック・クエンカとのコミュニケーションは
「クエンカとはチームのこととプライベートのことで話をした。彼にとってはJリーグでは2シーズン目だが、仙台では最初のシーズンなので、仙台での生活になれるように少し話をした」

■自身のコンディションと対戦相手名古屋の印象は
「去年のシーズンで対戦した時はチームとしても個人としてもターニングポイントになった。その前に続いていた悪い流れを断ち切ることができた。名古屋との対戦には良い印象があるが、手ごわい相手でもある」

SPORT.es

最終更新:2/14(金) 21:05
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ