ここから本文です

「日本のストライクゾーンを把握したい」中日新外国人の最速156キロ左腕・ゴンサレス、15日ロッテ戦で実戦デビュー

2/14(金) 22:36配信

中日スポーツ

 最速156キロを誇るドミニカンがついにベールを脱ぐ時が来た。中日新外国人左腕のルイス・ゴンサレス投手(28)が14日、志願の休日練習を敢行、実戦デビューとなる15日の練習試合・ロッテ戦(北谷)へ調整した。

【写真】ドアラえらい!営業よりファンが大事

 ゴンサレスは、登板へ向け「日本のストライクゾーンを把握したい。打者を研究して、自分の投げたいボールが投げられるように心がけたい」と意気込んだ。昨季64試合登板、防御率1.64、44ホールドポイントを挙げ最優秀中継ぎ投手に輝いた元中日のロドリゲスに対し、「もちろん彼の数字に負けるつもりはない」と豪語する左腕が、その穴を埋めるべく実力を見せる。

最終更新:2/14(金) 22:36
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ