ここから本文です

サンリオが一時▲10%安の暴落! 日経平均株価は小反落

2/14(金) 7:20配信

LIMO

株式市場の振り返り-日経平均株価は方向感乏しく小反落、TOPIXは小幅に4日続落

2020年2月13日(木)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

 ・日経平均株価 23,827円(▲33円、▲0.1%) 小反落
 ・TOPIX 1,713.0(▲5.8、▲0.3%) 4日続落
 ・東証マザーズ株価指数 857.0(+4.5、+0.5%) 続伸
東証1部上場銘柄の概況

 ・値上がり銘柄数:878、値下がり銘柄数:1,190、変わらず:91
 ・値上がり業種数:12、値下がり業種数:21
 ・昨年来高値更新銘柄数:41、昨年来安値更新銘柄数:27
東証1部の出来高は12億3,541万株、売買代金は2兆3,771億円(概算)となり、いずれも前日より減少しました。

米国株式相場は上昇したものの、新型コロナウイルス肺炎への警戒感が高まり、どちらかというとリスクオフモードが強まりました。売買代金は2兆5,000億円を下回りましたが、閑散相場という状態ではなかったようです。

そのような中、日経平均株価は方向感に乏しい値動きとなりました。寄り付きから弱含みで推移した後、前場の半ばに一時+47円高まで上昇して23,900円台を回復しました。

しかし、後場寄りからマイナス圏へ沈むと、終盤には一時▲76円安まで下落する場面も見られています。

結局、終値は小反落となりましたが、米国株が最高値を更新したことを踏まえると、大きな物足りなさが残ったと言えましょう。

なお、TOPIXも同じような値動きで4日続落となりました。

東証マザーズ株価指数は続伸、売買代金は18日連続で1,000億円割れ

東証マザーズの出来高は6,792万株、売買代金903億円となり、いずれも前日より増加しました。売買代金は前日より増えたものの、依然として個人投資家の物色意欲は回復しておらず、18日連続で1,000億円を割り込んでいます。

なお、株価指数は下値を買い戻す動きが出たことから続伸となりました。これで800ポイント割れは遠のきましたが、今後の展開にはまだ注意が必要と言えそうです。

1/2ページ

最終更新:2/14(金) 7:20
LIMO

チャート

ファーストリテイリング9983
44430円、前日比+630円 - 3/27(金) 15:00

チャート

東京エレクトロン8035
21350円、前日比+1030円 - 3/27(金) 15:00

チャート

ルネサスエレクトロニクス6723
411円、前日比+7円 - 3/27(金) 15:00

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ