ここから本文です

映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

2/14(金) 13:37配信

CINRA.NET

映画『Red』に寄せた著名人のコメントが到着した。

2月21日から公開される『Red』は、『第21回島清恋愛文学賞』を受賞した島本理生の同名小説をもとにした作品。平凡な結婚をし、「何も問題のない生活」を過ごしていたはずの村主塔子の運命が、約10年ぶりに昔の恋人・鞍田秋彦と再会したことで予想もしない方向へ走り出す様を描く。鞍田秋彦の求愛に心を揺り動かされる村主塔子役を夏帆、塔子の気づかなかった心の隙間に入り込む鞍田秋彦役を妻夫木聡が演じる。監督は三島有紀子。

【動画と大きな画像を見る】

今回コメントを寄せたのは、YOU、宇垣美里、加藤浩次、岩井俊二、山下敦弘、筒井ともみ、鈴木涼美、椿鬼奴、横澤夏子、井上荒野、桜木紫乃、田原総一朗、今日マチ子、狗飼恭子、中井圭、松崎建夫、あがた森魚、洪相鉉。

また、YOUのコメントを収めた特別映像が公開。「なかなか切ないセックスってないので。すっごく良かったですね」と語るYOUの様子や、「ずるいです。あなたが酷い人だってこと、忘れそうになる」という塔子の言葉が確認できる。

■YOUのコメント
夏帆ちゃんの中に静かに滾る熱がたまらない。
モノクロの中に舞う朱と共に一途な熱を感じて欲しい。

■宇垣美里のコメント
その道が間違いだと分かっていながら選んでしまうことが人生にはある。
正解だけ選んで生きていけたらどんなに楽だろう。
でも一度火のついた魂はもう引き返すことを許してくれない。
塔子の決断が私に問いかける
あなたは 自分の人生を生きているのか?と。

■加藤浩次のコメント
一言で言うと‟問題作”。
人によってはハッピーエンドであり、バッドエンドでもある。
若い人にも、大人の人にもちゃんと観てほしい。

■岩井俊二のコメント
女の醜さや情念までを曝け出すような塔子と、片や鞍田の佇まいは淡雪のように美しい。
夏帆と妻夫木聡、二人の表現力に終始魅了された。
美しくも残酷な物語だ。

■山下敦弘のコメント
衝動だけで生きている二人ではない。
『Red』は、家族がそばにいても、ひとりぼっちのひとたちの恋愛映画だ。

■筒井ともみのコメント
スノードームの中で愛という自由を探す女と男を見ているようで、キレイな映画だ。その透明なバリアを打ち破って生きるのは、観客のあなた自身。

■鈴木涼美のコメント
幸福な言葉の中にいる女より、不幸に堕ちゆく女の方が自由に見えるのは何故か。
人は昇ることしか許されないのか。幾つもの問いが奇妙に繋がった気がした。

■椿鬼奴のコメント
恐竜が出てきたり魔法を使ったりしないけど、あんなにヒリヒリする恋は、馴染みの後輩と結婚した私にとっては憧れのファンタジーです。

■横澤夏子のコメント
次から次へと引き込まれる色気に感情を振り回されました。
心に潜む何かが動き出す怖さを知りました。

■井上荒野のコメント
愛と欲望と意志に境界線はあるのだろうか。
いずれにしてもそれらは美しくておそろしい。
雪の上に落ちた血みたいに。

■桜木紫乃のコメント
惚れた男に行先を訊ねたことはなかった。
男と女に「これでいい」はあるのか。
三島有紀子の撮る美しい映像は常に、女の生き方を残酷に問うてくる。

■田原総一朗のコメント
これまで夫とも子供とも姑ともなんの問題もなく上手くやってきた女性が「自分とは何か」と言うことに目覚めて新しい恋人との関係をジワジワと深めていく。
大人の男女の関係、愛と言うものを真正面から描いた映画で心がうずく。
こんなにも大真面目でリアリティのあるセックスシーンを見た事がない。

■今日マチ子のコメント
恵まれた日々から突如として燃え上がる想い。
覆い隠すように包み込む雪景色。
静かすぎる世界のなかで、雪崩はもう始まっている。

■狗飼恭子のコメント
子供の頃、病院で聞かれる「今の痛みは十段階のうちの幾つ?」という質問がとてもとても怖かった。
わたしにとって9であるこの痛みは、人によっては1かもしれない。
わたしはとりわけ痛みに弱い人間かも知れない、そう思うと何も言えなくなった。
「人はどれだけ惚れて死んでいけるかじゃないの」
そんな台詞を突き付けられ、主人公塔子の、恋によって赤く染まる首筋を見せつけられて、
「今までのわたしの恋は十段階評価で幾つだったのか」なんてことを考えずにはおられなかった。
わたしが、そしてあなたが今まで経験したそれは本当に恋だったのか。
『Red』を観終わったあと、その答えを、わたしたちは知ることになるだろう。

■中井圭のコメント
夭逝した天才ジェフ・バックリィがカバーした「ハレルヤ」。
この曲が示唆する背徳と不穏の影を、画面に差し込む赤の光が抑えの効かない熱情で彩る。ふたりの愛の行く末を、音と色に託した三島有紀子監督の情動の海に溺れた。

■松崎健夫のコメント
小説は視覚的要素を伴わない。
映像化された『Red』が“映画”たらしめる所以は、言葉を伴わない<視線>の映画であり、繊細な音響設計が心象風景を想起させる<音>の映画だからだ。
映像表現を文学的なアプローチで解体させた三島有紀子監督の演出、ここに極まり!
人よ、愛の御前では愚かであれ。

■あがた森魚のコメント
こんなに、非常識で、反社会的で、不道徳で、エロティックかもしれない映画が、映画自体が、必然の航程、道行きを知っていて、何の迷いもなく行くべきところを知っていて、ひたすらそこを目指して燃えて走っている。
だからなんのやましさもない。純真純粋そのものである。
映画自体が恋愛の営みで震え続けている。

■洪相鉉のコメント
三島有紀子、彼女を21世紀日本のジェーンㆍオースティンと呼びたい。
淡々としたタッチで人生の機微の深みをつかむ。

CINRA.NET

最終更新:2/14(金) 13:37
CINRA.NET

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ