ここから本文です

「スーパービュー踊り子」引退へ…3月に記念撮影会

2/15(土) 16:04配信

読売新聞オンライン

 30年にわたって伊豆と首都圏を結んだJR東日本の特急列車「スーパービュー踊り子」(251系)が、3月13日で引退することになり、同社と伊豆急行は記念撮影会を3月に開く。また記念乗車券も発売する。

 スーパービュー踊り子は、バブル期の1990年に登場。伊豆半島への観光輸送に特化し、展望席や大型窓を持つハイグレードな特急列車として活躍した。

 3月14日のダイヤ改正で、後継の新型特急「サフィール踊り子」(E261系)に道を譲ることになった。

 記念撮影会は、3月5~8日と13日に伊豆急下田駅で1日4~5回行われる。同駅で参加費500円(参加記念入場券付き)を支払って入場する。各回先着50人を予定している。

 記念乗車券は、伊東駅から伊豆急下田駅まで5区間の硬券乗車券などのセットで2060円。五つの駅で2000部を販売する。

 詳細は両社のホームページに掲載している。

最終更新:2/15(土) 16:06
読売新聞オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事