ここから本文です

安定感が出てきたアルバルク東京に対し、新潟アルビレックスBBは鬼門の初戦先勝を目指す

2/14(金) 17:36配信

バスケットボールキング

■新潟アルビレックスBB vs アルバルク東京
第1戦:2月15日18時5分、第2戦:2月16日14時5分(@新潟市東総合スポーツセンター)

 今季は西地区との6カードのうち5カードでアウェー戦が組まれた新潟アルビレックスBB。その最後となった島根スサノオマジックとのアウェー戦は、前々節の名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦と同様に1戦目で黒星。第1クォーターが12失点と試合の入りは悪くなかったが、その後は攻守ともにインサイドで後手に回り、第4クォーターはわずか7得点に終わった。フィールドゴールを11本中2本しか決められなかったエグゼビア・ギブソンを2戦目は外し、ラモント・ハミルトンを6試合ぶりに起用。ハミルトンが19得点13リバウンドの活躍で期待に応えると、ニック・パーキンズが31得点、五十嵐圭も今季最多の25得点をマークし、13試合ぶりに90点台に乗せた。ただ、最大23点差を3点差まで詰められるなど、試合運びの波はまだ大きい。

 アルバルク東京は対照的に攻守両面で抜群の安定感を発揮し、横浜ビー・コルセアーズを寄せつけない盤石の連勝。2戦とも90得点をクリアし、失点は1戦目が70点、2戦目は60点と堅守を見せつけた。一足先にデビューしていた小酒部泰暉に続き、前節は笹倉怜寿もデビュー。短い出場時間ながら2人揃って2戦とも得点を挙げ、そのポテンシャルを示した。1勝1敗に終わった宇都宮ブレックスと勝率で並び、今節は東地区首位奪回がかかる。

 今季の新潟は、ホームとアウェーの両方で対戦する他地区との3カードが、前々節から今節にかけて3節連続で組まれている。昨季のチャンピオンシップでも大熱戦を繰り広げたA東京とは開幕節に激突し、1戦目は28点差の大敗。2戦目は84得点を挙げたものの94失点で、昨季までの相性の良さは失われた。そんな中、CS圏内の中地区2位浮上を目指すには連勝が必要とされるが、新潟は前節と前々節にいずれも1戦目で完敗しており、今節は1戦目の戦い方がとりわけ重要となる。特に注目したいのは、ハミルトンのコンディション向上がチームにどのような影響を与えるかという点だ。

文=吉川哲彦

■ロースター
・新潟(ヘッドコーチ:庄司和広)
エグゼビア・ギブソン
星野曹樹※特別指定
柏木真介
五十嵐圭
髙橋浩平
鵜澤潤
石井峻平
森井健太
上江田勇樹
今村佳太
池田雄一
ニック・パーキンズ
ラモント・ハミルトン

・A東京(ヘッドコーチ:ルカ・パヴィチェヴィッチ)
小島元基※インジュアリーリスト
安藤誓哉
ケビン・ジョーンズ
正中岳城
ザック・バランスキー
須田侑太郎
ミラン・マチュワン
菊地祥平
竹内譲次
平岩玄
笹倉怜寿※特別指定
田中大貴
津山尚大
アレックス・カーク
小酒部泰暉※特別指定

BASKETBALL KING

最終更新:2/14(金) 17:36
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事