ここから本文です

ガード陣に負傷者続出の大阪エヴェッサ、敵地での千葉ジェッツ戦はHCの采配に注目

2/14(金) 15:14配信

バスケットボールキング

■千葉ジェッツvs大阪エヴェッサ
第1戦:2月15日15時5分、第2戦:2月16日15時5分(@船橋アリーナ)

 東地区首位浮上を目論む千葉ジェッツが小休止。10連勝で迎えた前節の名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦は、1戦目を落として連勝が途切れた。フィールドゴールが決定力を欠いた上、フリースロー試投数も6本と少なく、終始ロースコアの展開。第3クォーターに連続失点で一時11点差をつけられたのが最後まで響いた。2戦目はオフェンス力が回復し、5人が2ケタ得点をマーク。前日に8試合ぶりの出場を果たした小野龍猛も3ポイント2本を含む8得点と久しぶりに存在感をアピールした。ただ、1戦目と対照的に最大11点リードを4点差まで詰められて終えた点は反省材料として残る。

 その千葉に、大阪エヴェッサが中2日というハンデを抱えて挑む。前節の後に、延期になっていた第2節の琉球ゴールデンキングス戦1試合を消化。伊藤達哉と合田怜の戦線離脱を受け、急きょ宇都宮ブレックスから田原隆徳を期限付移籍で獲得して臨んだが、第4クォーターが8得点に終わるなどオフェンスが機能不全。今季最少タイの55得点で、直接対決3連勝はならなかった。バイウィークを挟んだ次節には中地区首位の川崎ブレイブサンダース戦も控え、大阪はシーズンの大きな分岐点に差しかかっている。

 大阪の喫緊の課題は当然ながらポイントガード。田原を獲得したとはいえ、伊藤と合田が担った役割をそのまま引き継がせることは、短期間では難しい。速攻主体で白星を重ねてきたことを考えると、セットオフェンスの組み立てでは一日の長がある畠山俊樹の使い方も考慮する点であり、事実畠山は琉球戦も2番ポジションで起用されている。他チームの対策も進み、速攻の機会が減少している現状を踏まえ、天日謙作ヘッドコーチが従来の戦略を貫くのか、あるいは次なる一手を打つのかが今後の見どころになるだろう。今節は対戦相手の千葉もトランジションオフェンスが生命線となるだけに、攻守の切り替えを両者がどうコントロールするかという点に注目だ。

文=吉川哲彦

■ロースター
・千葉(ヘッドコーチ:大野篤史)
ジョシュ・ダンカン
富樫勇樹
マイケル・パーカー
コー・フリッピン
田口成浩
晴山ケビン
大宮宏正
ニック・メイヨ
西村文男
大倉颯太※特別指定
藤永佳昭
ギャビン・エドワーズ
原修太
小野龍猛

・大阪(ヘッドコーチ:天日謙作)
今野翔太
伊藤達哉
藤髙宗一郎
カイル・バローン
リチャード・ヘンドリックス
長谷川智也
田原隆徳
中村浩陸※特別指定
橋本拓哉
合田怜
小阪彰久
今村拓夢※特別指定
畠山俊樹
アイラ・ブラウン
ショーン・オマラ※インジュアリ-リスト
ジョシュ・ハレルソン

BASKETBALL KING

最終更新:2/14(金) 15:14
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事