ここから本文です

チェルシーWが革新的練習法を発案! 負傷率軽減の期待も

2/14(金) 15:42配信

超WORLDサッカー!

チェルシー・ウーマンが初の練習メソッド導入で注目を浴びている。イギリス『デイリー・メール』が取り上げた。

【動画】エデン・ハザードのアツいゴール

女子フットボールの強豪チームとして名を馳せるチェルシー・ウーマン。国内リーグでは2度の優勝歴を持ち、チャンピオンズリーグではここ2シーズン連続で準決勝まで進んでいる。日本では元日本代表FW永里優季が以前所属していたことでも有名だ。

そんな彼女たちが最近取り入れたという練習法は月経周期に合わせた個別トレーニング法。男性にはない女性ならではの革新的なメソッドということで話題なのだそうだ。

この練習法は選手のパフォーマンスを向上し、前十字靭帯断裂などの重傷のリスクを下げると期待されている模様。発案者のエマ・ヘイズ監督は、2016年のFAカップ決勝でアーセナルに敗れたあとに、このアイデアを思い付いたという。

「リハビリから筋肉強化、コンディショニング、戦術的なものまであらゆるものは全て男性のそれに基づいている」

「出発点は、私たちが女性であり、月ごとに男性とは非常に異なる経験をするという考えからだった。我々自身のことをもっとよく知りたいと思い、どうすればパフォーマンスを向上させることが出来るのかという探求心が最初にあった」

今後、結果によっては広がりを見せていくと予想される今回の練習方法。個人に合わせた練習法という観点からすると、男子選手も参考にできることはあるのではないだろうか。

超WORLDサッカー!

最終更新:2/14(金) 15:49
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ