ここから本文です

「会社がなくなる恐怖を知らないのか」 目を疑った大量在庫の山、頭をよぎる苦い過去

2/14(金) 6:31配信

沖縄タイムス

[中小企業のチカラ 経営革新の現場] エアポートトレーディング(上)

 那覇空港で土産品販売などを手掛けるエアポートトレーディング(那覇市)。2012年9月、丸橋弘和氏(64)は社長に就任して間もないころ、在庫管理の社員からこんな相談を持ち掛けられた。

【写真】「最低賃金以下だったんですよね…」 働く意味を考えたコンビニ、時給664円

 「実は、商品にならない在庫があるんです」。

 案内された倉庫には、商品の検品が間に合わず、卸業者へ返却できない不良品があふれていた。額にして約300万円分。自分の目を疑った丸橋氏が理由を問うと、社員は「取り扱う商品が多くて、在庫管理に追われ、検品する時間がなかった」と申し訳なさそうに答えた。

 売店やほかの倉庫を回り、取り扱う商品の種類や在庫を確認した。細かく分類すると商品は7千種類。在庫数は約4700万円分もあった。

 ◆「売れている」

 同社は、那覇空港ビルディングが直営していた土産品店を業務委託する形で関連会社として立ち上がった。

 以前、航空会社で勤めていた経験から、請われて社長に就いた丸橋氏だが、当時は経営に携わらない非正規社員がほとんどで、肝心の利益を詳細に把握している社員はだれひとりいなかった。

 だが、沖縄を訪れる観光客の増加が売り上げを後押しし、多くの社員が「売れているから大丈夫」という感覚が根強かったという。

 ◆時間かけ説明

 「企業の利益は社員の幸せに直結する。今のままではまずい」。以前勤めていた航空会社の日本エアシステム(JAS)が経営難を理由にJALと経営統合し事実上「倒産」したことや、統合先のJALでも11年に経営破綻を経験するなど、過去の苦い記憶が頭をよぎった。

 経営難に陥った2社で、海外の支店閉鎖にも携わった。経営が傾いた際に見えたのは、問題の責任の所在がうやむやになることで、現場が右往左往する悪循環だった。

 共に業務に励んだ仲間がリストラや自主退職で一人、また一人去って行く姿を目の当たりにした。「会社がなくなる恐怖は計り知れない。好調な時ほどムリ・ムダ・ムラが見えなくなる」と振り返る。

 中小企業はささいなことがきっかけで、経営が行き詰まることもあるが、小規模だからこそ軌道修正も早くできると一念発起。経費などを可視化して資料を作り、部門ごとに長時間かけて説明した。

 包装紙代や、送料無料サービスなどに掛けていた高額な経費を初めて見た社員は「こんなにかかっていたの」と驚きを隠さなかった。予想通りの反応を見た丸橋氏は「売上至上主義」からの脱却に向けた経営改革に着手した。(政経部・仲本大地)

 【企業データ】2012年、那覇市で創業。那覇空港ビルディングから土産品などの販売業務を委託。タリーズコーヒーや完全キャッシュレスの店舗の運営に取り組むなど新たな事業に挑戦している。従業員は65人(出向含む)。19年の年商は約30億円。

最終更新:2/14(金) 10:31
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事