ここから本文です

DeNAと今永ら所属7選手、豪州森林火災からの復興へ計250万円を寄付

2/14(金) 11:14配信

Full-Count

キャンベラ・キャバルリーと戦略的パートナーシップを締結するDeNA

 DeNAは14日、戦略的パートナーシップを締結するキャンベラ・キャバルリー(オーストラリアン・ベースボールリーグ)に派遣された、阪口皓亮投手、大貫晋一投手、今永昇太投手、平田真吾投手、三上朋也投手、国吉祐樹投手、笠井崇正投手の7選手が、豪州で発生した森林火災からの復興に役立ててもらうため、義援金を送ったと発表した。さらに、球団としても義援金を送ったという。

【画像】DeNA新助っ人オースティンのモデル美人妻 ピンクのビキニがまぶしいビーチショットにファンもため息「素晴らしい」

 7選手とDeNAは、合わせて250万円の義援金をキャンベラ周辺地域の消防活動を管理する地方自治体(Queanbeyan-Palerang Regional Council)に寄付。また、キャンベラ・キャバルリーからも同自治体に義援金が送られ、被災地域での災害援助や復興に役立てられるという。DeNAは「被災された豪州の皆さまには、心よりお見舞い申し上げると共に、皆さまの安全と被災地の一日でも早い復興を心からお祈り申し上げます」としている。

Full-Count編集部

最終更新:2/14(金) 11:14
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事