ここから本文です

【阪神】中田が15日の広島戦で移籍後初登板「勉強しながらやっていきたい」

2/14(金) 15:55配信

スポーツ報知

 ソフトバンクからトレード加入した阪神・中田賢一投手(37)が14日、移籍後初登板となる15日の練習試合、広島戦(宜野座)に向け、準備を整えた。この日は藤川、能見らと並び、ブルペンで58球。「(例年よりは登板が)早めなんで、どのくらいのボールを投げられるか確かめたい」と意気込んだ。

 中継ぎで1イニングの予定だが、カープ打線は菊池、西川、鈴木ら主力打者が先発予定。2013年以来、7シーズンぶりにセ・リーグ球団に所属する右腕は「まだ打者自体も出来上がってないでしょうけど、ゲームを見ながらどういう打撃をするのか見て勉強しながらやっていきたい」と貪欲な姿勢を見せていた。

報知新聞社

最終更新:2/14(金) 15:55
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事