ここから本文です

WHO「東京五輪を中止する権限ない…リスク評価と助言するだけ」

2/15(土) 9:17配信

中央日報日本語版

世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスの感染拡大による東京オリンピック(五輪)中止または延期について「WHOの役割でない」と一線を画した。

マイク・ライアンWHO緊急対応チーム長は14日(現地時間)、ジュネーブ本部で記者会見し、「今の段階で五輪に関して特別な議論や具体的な決定はなかった」と明らかにした。

ライアン氏は「(開催するかどうかは)主催国にかかっている。いかなる行事であれ、中止するかどうかを決めるのはWHOの役割ではない」とし「我々はリスクを減らして緩和することに対する助言をする」と強調した。続いて「我々はこの大会について非常に多くの関心を持っている。我々のリスク評価支援と技術的な助言を提供する」と伝えた。

一方、日本側は新型コロナウイルスによる五輪中止の可能性はないと明らかにした。13日にも東京五輪組織委員長の森喜朗元首相は「東京五輪の中止と延期は検討していない」とし「政府とともに冷静に対応する」と明らかにした。

日本では現在まで計259人の感染者が発生し、80代の女性1人が死亡している。

最終更新:2/15(土) 9:19
中央日報日本語版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事