ここから本文です

宮城でガソリン価格3週連続で値下がり 「新型コロナ」の影響も

2/15(土) 14:14配信

TBC東北放送

TBC

 宮城県内のレギュラーガソリンの平均小売価格は1リットルあたり145円50銭と3週連続で値下がりしました。
 新型コロナウイルスの感染拡大で、需要が減少していることが影響していると見られます。
 石油情報センターによりますと今月10日現在の宮城県内のレギュラーガソリンの平均小売価格は、1リットルあたり145円50銭と前の週に比べて1円10銭値下がりしました。値下がりは、3週連続です。 石油情報センターは「新型コロナウイルスの感染拡大で中国の工場が操業停止に追い込まれるなど燃料の需要が減少している。来週も値下がりの可能性が高いが、OPEC=石油輸出国機構に減産の動きもみられるため再来週以降は不透明」と分析しています。

最終更新:2/15(土) 14:41
TBC東北放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事