ここから本文です

ベトナムGP中止も視野にいれるF1チームたち

2/15(土) 17:58配信

TopNews

F1中国GPに続き、今年初開催が予定されているベトナムGPの実施も危ぶまれる状況となっている。

中国国内での新コロナウイルスでの死者はほぼ1400人を数えるに至り、F1もすでに4月19日に上海で決勝が予定されていた中国GPの「延期」を公式に発表している。

そして、中国と地続きとなっているベトナムの首都ハノイで予定されているベトナムGP(4月5日決勝)も同様に延期もしくは中止される可能性が日増しに高くなってきている。

今週、F1モータースポーツ担当マネジングディレクターのロス・ブラウンは、現時点ではベトナムGPを予定通り実施できると考えていると語ったことが報じられた。

だが、その後ベトナム政府はハノイから50kmほど離れた町に10000人にも及ぶ人たちが隔離されたことを発表。ベトナムの状況も刻々と深刻度を増しつつあるのは間違いない。

13日(木)に2020年型F1マシンを発表したマクラーレン・レーシングのザック・ブラウンCEOは次のように語った。

「ベトナムに関してはまだ潜在的問題としてあがってきていない。だが、非常に近い場所にあるのは間違いない」

「我々も状況を見守っていくつもりだし、我々のスタッフたちにリスクを負わせるようなことは決してしないつもりだ」

ベトナムのメディアによれば、プロモーターは予定通りレースを開催するための準備を進めており、悪化しつつあるコロナウイルスの状況に関しても「必要な対策」をとることになるだろうという。

だが、もしも中国GPに続いてベトナムGPも開催されないことになれば、4月に予定されていたレースがまったく抜け落ちることになり、第2戦バーレーンGP(3月22日決勝)から第5戦オランダGP(5月3日決勝)まで6週間もの空白が生じてしまうことになる。

「これが我々全員にとって初めて迎える状況であることは確かだ」

そう語ったブラウンは次のように付け加えた。

「だが、もし1か月空くことになれば、1か月間休みになるということさ」

今年2年ぶりにルノーのドライバーとしてF1復帰を果たすことになっているフランス人ドライバーのエステバン・オコンは、4月のレースがなくなる可能性があることに関して次のように語っている。

「チームはやることを見つけ出すさ。間違いないよ」

最終更新:2/15(土) 17:58
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ