ここから本文です

青春時代 懐かしい 小杉高卒業生有志タイムカプセル開封 20年前の思い出語り合う

2/15(土) 22:04配信

北日本新聞

 2000年度に小杉高校に在籍した卒業生有志による同窓会が15日、射水市大門総合会館で開かれた。同年度の生徒会が中心となって作ったタイムカプセルを開封し、卒業生や教職員約100人が当時の思い出を語り合った。(牧田恵利奈)

 カプセルは2000年を記念して作り、19年の創立100周年式典で開けるとし、校内で保管されてきた。小杉高校が昨年10月の100周年の関連式典前にカプセルに気付き、100周年記念事業実行委員長の高橋久和同窓会長が当時生徒会長だった川田千明さん(37)=南砺市=に連絡。川田さんら卒業生3人が幹事となり、同校や同窓会と協力して後日の開封を計画した。

 カプセルには19年後の自分に宛てた手紙や写真、寄せ書きなどが入っていた。参加者は手紙などを読み、同窓生らと思い出話に花を咲かせた。

 幹事を務めた柿島拓矢さん(35)=射水市=は自分宛の手紙が見つかった。「かなえたい事として結婚が記されていた。かなって良かった」と笑った。川田さんは「同じ時代を過ごした仲間がまた集まる機会をつくれ、盛り上がってもらえてうれしい」と話した。

最終更新:2/15(土) 22:04
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ