ここから本文です

オークワフィナ、「クレイジー・リッチ!」製作陣と再タッグ!ギャンブラー役で主演

2/15(土) 18:30配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 「フェアウェル」でアジア系アメリカ人女優として初のゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)に輝いたオークワフィナが、新作「The Baccarat Machine(仮題)」に主演することがわかった。

 米Deadlineによれば、実話をもとにした本作は、巨額を稼いだ実在の女性ギャンブラー、チュン・イン・“ケリー”・ソンと天才ポーカープレイヤー、フィル・アイビーの関係を描く。オークワフィナが出演した大ヒットラブコメディ「クレイジー・リッチ!」のSKグローバル・エンターテインメントが製作する。

 アメリカの葉巻雑誌「Cigar Aficionado」で、ラスベガスに精通するマイケル・カプランが執筆した2017年の記事「The Baccarat Machine」をもとに映画化。中国人女性ケリーは独自のスキルを磨いてギャンブルで短期間に大金を巻き上げ、多くのカジノから出入り禁止となる。そこで、ケリーはポーカー界の王フィル・アイビーと手を組み、大胆巧妙なテクニックを駆使した合法ギャンブルによって大成功を収め、ラスベガスに名を刻んだ。脚本は「ラヴレース」「チャット 罠に堕ちた美少女」のアンディ・ベリンが執筆しており、監督やそのほかのキャストは現在選定中だという。

 オークワフィナ主演、ルル・ワン監督の「フェアウェル」は4月10日から日本公開。

最終更新:2/17(月) 16:31
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ