ここから本文です

多文化共生に理解 高岡法科大シンポ 講演や外国人の討論

2/15(土) 22:05配信

北日本新聞

 高岡法科大の多文化共生シンポジウムが15日、高岡市生涯学習センターであり、参加者約50人が国籍を超えた地域づくりについて理解を深めた。

 同大の八坂徳明法学部教授が、県西部の外国人受け入れや取り組みについて紹介。外国人住民数が年々増加している一方で、外国人居住者への支援活動が地域に浸透していないなどの課題を挙げ、「市民一人一人が、外国人との共生の在り方を考えなければならない」と話した。

 米谷和也市教育長やNGOダイバーシティとやまの宮田妙子代表による講演のほか、県内に住む外国人らによるパネルディスカッションや、同大学生による研究発表もあった。

最終更新:2/15(土) 22:05
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ