ここから本文です

世界的な協調対応望む、新型肺炎巡る影響軽減で=IMF専務理事

2/15(土) 5:55配信

ロイター

[ミュンヘン 14日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は14日、新型コロナウイルスの感染拡大による経済的影響が明らかになった際には、世界各国の政府および中央銀行が協調して対応することを望むと述べた。

専務理事はミュンヘン安全保障会議で講演し、中国や世界における新型ウイルスの影響を「ボトムアップ」で測るためには今後数週間が重要と指摘。「世界経済を深刻なショックから守るために、同調的な、さらには協調的な措置に合意することが可能だ」と語った。

また情報不足を理由に現時点で正確な予測を試みることをけん制し、経済的影響を予測している専門家はリスクを冒していると指摘した。

最終更新:2/15(土) 5:55
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ