ここから本文です

23日から「びじゅつじょろん2」 会場の扉、芸術に変身 藤枝

2/15(土) 17:00配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 藤枝市民会館を主会場として現代美術に気軽に触れるイベント「びじゅつじょろん2」(市主催、23日~3月1日)の開催を前に、同市出身の美術家、洋子さん(48)=本名・増田洋子=が会館の正面自動扉にハートをちりばめた作品を描いている。

 同イベントは藤枝ゆかりの若手作家を中心にしたグループ展や世界で活躍するアーティストを招いた現代美術展などを開催する。英語とドイツ語を組み合わせた造語「Artmit」と題し、誰でも気軽に美術体験ができるプログラムも用意した。29日と3月1日は抽象画や染め物にも挑戦でき、食事を楽しめるマルシェも開催する。

 洋子さんはいくつもの極小のハートで形を描き、自動扉の開閉によってサッカーのゴールネットにボールが入る様子を表現した。23日までに書き上げる予定。洋子さんは「藤枝らしい作品にした。身近な場所で現代美術を鑑賞する機会は少ない。小さな子どもや親子連れも気軽に楽しんでほしい」と話した。

 同イベントは入場料500円が必要。チケットがあれば期間中は何度でも入場可能。

静岡新聞社

最終更新:2/15(土) 17:00
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事