ここから本文です

聖火リレー本番へGO! トーチ掲げ都内でリハーサル

2/15(土) 11:33配信

共同通信

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は15日、3月に始まる五輪の聖火リレーに先立ち、都内でリハーサルを実施した。羽村、国分寺、八王子の3市でランナー約10人が実物のトーチ(長さ71センチ、重さ1.2キロ)を持って、計約2キロのルートを約200メートルずつ走る見通し。

 ルート周辺では、走行予定時間の前後を含めて交通を規制。トーチには点火しないが、火がついている想定で受け渡しをし、車両隊列の動きなどを確認するのが狙い。

 聖火リレーは、3月26日に福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」をスタートし、121日間で全国47都道府県を回る。

最終更新:2/15(土) 11:44
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事