ここから本文です

新主将佐野「毎日が楽しい」 25歳、気持ち新たに―プロ野球・DeNA

2/15(土) 19:30配信

時事通信

 人懐っこい笑顔に、責任感が生むたくましさが加わった。DeNAの新主将、佐野は「これまでは自分のことで必死だったが、新しい発見や経験ばかりで毎日が楽しい」。これまでと違うものを肌で感じながら4年目のキャンプを過ごしている。

 明大からドラフト9位で入団した25歳。昨季は89試合の出場で打率2割9分5厘をマークし、代打の切り札として長打力を発揮。終盤には4番も経験した。試合前などのミーティングでは持ち前の明るさでチームを盛り上げてきた。

 米大リーグに移籍した筒香主将の後任に指名したラミレス監督は「代打として得点圏で結果を残せるのは簡単なことではない。自分をしっかりマネジメントしていた点を評価した」。背番号44への期待は大きい。

 筒香の定位置だった「4番左翼」も引き継ぐべく、キャンプでは日々、居残りで特守や特打に励む。「レギュラーで1シーズンを出たこともない立場。定位置を取りにいく気持ちでないといけないし、チャンスを物にしたい」。結果にこだわり、求める場所をつかみにいく。 

最終更新:2/15(土) 19:38
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事