ここから本文です

大泉洋、番宣の悩み語る「意味あるのかなあ…」

2/15(土) 12:57配信

オリコン

 俳優・大泉洋と女優・小池栄子が15日、都内で行われた映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』の公開記念舞台あいさつに登壇。映画の宣伝活動でバラエティ番組に出演する大泉は「意味あるのかなあ…」とここ5、6年の悩みであることを打ち明けた。

【動画】大泉洋、小池栄子の番宣の悩み「映画の印象残らない」に賛同「意味あるのかな」

 まず、小池が「今後結果が出ると思うんですけど、友人から大泉さんと2人でバラエティ番組に出ているのは楽しかったけど、印象に残らなかったと言われまして。マイナスになったのではないかと…」と心配そうに話すと大泉も同意。

 そこから、大泉の番宣についての語りが始まり「出すぎるから、みんなお腹いっぱいになっちゃう。毎日毎日、大泉洋を見ているうちに『劇場行かなくていいかなあ』となるんです。そういうことになりかねないと言っているんですけど、『出てください』と言われるんです」と話した。

 さらに「面白いが1番強い我々だから、バラエティ番組も全力なんです。そうすると余計にお腹いっぱいなんです。番宣というのは難しいです。視聴者の皆さんにはそう思っていただきたい。我々も苦渋の選択で出てる。我々が出ることによって映画がある認知はできる、だけど映画を見たいという番宣は別」と続けた。

 最後は「映画も見たいというバラエティの出方となると、今後僕は呼ばれなくなる可能性もある」とオチをつけて、会場を笑いに包んでいた。

 この日は、水川あさみ、橋本愛、緒川たまき、濱田岳、松重豊、成島出監督も出席した。

 原作は、太宰治の未完の遺作を、ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させた戯曲。物語の舞台は、戦後の混乱から復興へ向かう昭和の日本。文芸雑誌の編集長・田島周二(大泉)は、何人もの愛人を抱え、別れる決心をするも彼女たちを前にすると別れを切り出すことができない。困った田島は、金にがめつい担ぎ屋・キヌ子(小池)に、女房を演じてくれと頼み込む。男は、女と別れるため、女は金のために。2人の“嘘夫婦”の企みが描かれる。

最終更新:2/19(水) 13:15
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ