ここから本文です

ストームジー、新型肺炎を懸念し、アジア・ツアーを延期

2/15(土) 12:32配信

BARKS

ストームジーは来月、アジアでツアーを開催する予定だったが、新型コロナウィルス関連肺炎の感染拡大を懸念し、延期すると発表した。

◆ストームジー画像

ストームジーは、3月20日にマレーシア、21日にシンガポール、24日に日本、27日に中国、29日に韓国で公演を開くはずだった。マレーシア、シンガポール、中国でのチケットは売り切れていた。

彼は2月13日、以下のようなメッセージをSNSに掲載した。「#HITH世界ツアーをアジアで開催し、壮大なソールドアウト公演でプレイするのを俺はマジで楽しみにしていた。だが、コロナウィルスをめぐる健康と移動の面を懸念し、残念ながらこのツアーを延期せねばならない」

3月24日に東京、マイナビBLITZ赤坂で予定されていた日本公演は、11月5日新木場STUDIO COASTへ変更された。購入したチケットは振り替え公演でも有効。払い戻しも行なわれる。

ストームジーは2017年に発表したデビュー・アルバム『Gang Signs & Prayer』でグライムの作品では初の全英1位を獲得。数々のアワードを受賞し、2019年、グラストンベリー・フェスティバルでヘッドラインを飾った。来月の公演は、日本で初の単独公演になるはずだった。

Ako Suzuki

最終更新:2/15(土) 12:32
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事