ここから本文です

1匹200万円超も…動物公園で『リスザル』12匹盗難か 一般的な犬猫より罪重くなる可能性

2/15(土) 7:04配信

関西テレビ

 静岡の伊豆シャボテン動物公園で放し飼いにされているリスザル…。

 距離感ゼロで触れ合えると人気でしたが、12匹が謎の失踪。園内にいる46匹のリスザルのうち、12匹が行方不明となったというのです。

 動物公園の周囲には電気柵があるため、逃げ出したとは考えにくく、園外から侵入した動物に襲われた形跡もないとのことで、盗まれた疑いが浮上しています。

伊豆シャボテン動物公園 中村園長:
「リスザルを捕まえること自体、簡単ではない。動物の扱いに慣れている人でないと無理」

 リスザルはペットとしても人気が高く、販売価格が200万円を超えることも…。

 動物公園では警察に相談するとともに、有力な情報には最大100万円の謝礼金を支払うとして情報提供を呼びかけています。街の人は…。

女性:
「かわいそう…寒いから、もし盗んだとしても大事にしてほしい。(Q.動物の価値によって罪の重さは変わると思いますか?)一緒じゃないの?100円と何億円じゃ違うかも分からんけど、なにしても窃盗は窃盗じゃないかな」

別の女性:
「罪は重いでしょうね。ワンちゃんとか猫ちゃんと違って数が少なくてこれだけ貴重だったらだいぶ違うんじゃないですか」

また別の女性:
「変わらないでしょ。動物によって罪が違ったら、裁くほうも大変かなって」

 価値が高いリスザルを盗んだ場合、罪の重さに影響するのでしょうか?菊地幸夫弁護士に伺います。

菊地弁護士:
「罪は窃盗罪と、そういう目的で園に入るということで建造物侵入罪になると思います。

 続いて罪の重さですが、基本的に窃盗罪は盗んだ物の価値が非常に影響します。1匹200万円くらいということですから、12匹で2000万円以上の被害となる可能性もあります。罪が重くなる可能性があります。


(関西テレビ2月12日放送『報道ランナー』内「そこが聞きたい!菊地の法律ジャッジより)

最終更新:2/15(土) 7:04
関西テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ