ここから本文です

【NFL】QBスタッフォードのトレード報道は100%間違いとライオンズGM

2/15(土) 2:12配信

NFL公式サイト日本語版

デトロイトにおけるクオーターバック(QB)マシュー・スタッフォードの未来はオフシーズンが始まって以来、次第に疑いが濃くなってきた。デトロイト・ライオンズが全体3位指名権を持っていることから、一部ではライオンズがこれまでの先発QBから離れるときが来たと考える人がいる。

【動画】2019年第17週:パッカーズがライオンズと対戦

現地12日(水)には、ここ2、3週間でスタッフォードをめぐるトレードトークがあったとデトロイトの『WDIV-TV』が報じていた。

それを素早く拒絶したのがライオンズだ。

ジェネラルマネジャー(GM)のボブ・クインは『Detroit Free Press(デトロイト・フリー・プレス)』のデイブ・バーケットに向けたテキストメッセージに「100%間違い!!」とつづった。

ダブルエクスクラメーションがついているあたりにむきになって否定しているような印象が否めないが、よく状況を考えればライオンズがスタッフォードをトレードに出すことにあまり意味はない。

スタッフォードと11シーズンを過ごし、プレーオフでは1勝にとどまっているライオンズの中で、おそらく次の時代に進むべきとの議論はあるのだろう。多くのベテランQBが市場に出てくる今オフシーズンだが、32歳のスタッフォードをオークションに出せば、それでも高値がつくと見込める。好条件のドラフトピックを手にし、新たなシグナルコーラーを選択するのも手だ。

スタッフォードのトレードにかかわる分析がここまでの段階であれば、確かにそこには十分意味があると言える。しかし、より掘り下げればスタッフォードがどこにも行かない理由が分かる。

まず一つ。“金の流れを追え”。いつでも、お金の流れだ。

12月にライオンズはスタッフォードの契約でシンプルな再構築を行った。ロースターボーナスをサインボーナスに変更したのだ。この動きによって、ライオンズは2020年に900万ドル(約9億9,000万円)分のキャップスペースを確保できる。しかしながら、スタッフォードが今年カット、もしくはトレードされた場合、ライオンズには3,200万ドル(約35億1,000万円)のデッドマネーが生じることになる。一方、デトロイトでプレーした場合のキャップヒットは2,130万ドル(約23億4,000万円)だ。そこに生じる1,070万ドルの差が、スタッフォードが負傷し、ドラフトの上位指名権を獲得することが分かっていたシーズン終盤にさえ、ライオンズがスタッフォードを自分たちのQBとして計画していたことを強調している。

1/2ページ

最終更新:2/15(土) 2:12
NFL公式サイト日本語版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事