ここから本文です

「収量、果実品質とも順調な仕上がり」 奄美群島たんかん品評会 金賞に藤村さん、元さん

2/15(土) 13:01配信

南海日日新聞

 2019年度奄美群島たんかん品評会(奄美群島農政推進協議会、JAあまみ主催)が13、14日、鹿児島県奄美市名瀬であった。奄美大島と徳之島から出品された計44点を審査し、L玉で藤村秀久さん(大和村)、2L玉で元克美さん(瀬戸内町)がそれぞれ金賞を受賞した。講評で審査委員長の徳永太藏県農業開発総合センター大島支場長は「昨年は台風の直撃もなく、収量、果実品質とも順調な仕上がり」と述べた。

 県の関係機関やJA担当者ら6人が審査し、外観(形、皮の着色、傷の有無など)と内容品質(糖度、クエン酸度)などを総合して入賞作品を決定した。L玉の平均糖度は前年とほぼ同じの11・8度、クエン酸度は1・03%で酸切れがよかった。

 講評で徳永支場長は、入賞したタンカンを高く評価した上で、「受賞を励みに今後もさらによいタンカンを作っていただきたい。他の生産者とも情報交換し、栽培技術の向上につなげて」と語った。

 金賞を受賞した元さん(62)は「タンカンを育てて16年になる。これまでに銀賞は2回、銅賞は1回受賞しているが、金賞は初めてです」と喜んでいた。

奄美の南海日日新聞

最終更新:2/15(土) 13:01
南海日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ