ここから本文です

名古屋市の60代日本人男性が新型コロナウイルス感染 ハワイから帰国後に発熱39度

2/15(土) 9:09配信

中京テレビNEWS

中京テレビNEWS

 名古屋市内在住の60代男性が、新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。中国への渡航歴はないということです。

 「名古屋市衛生研究所において、検査の結果、新型コロナウイルス陽性であることが判明いたしました」(名古屋市・河村たかし市長)

 名古屋市によりますと、感染が確認されたのは市内在住の60代男性です。

 男性は、1月28日から2月7日まで、妻と2人でアメリカ・ハワイ州に渡航。帰国した2月8日に39度の発熱があり、市内の医療機関を受診した上で自宅静養していました。

 しかし、その後も咳や発熱が続いたため、2月10日に再受診したところ、軽度の肺炎と診断。13日に救急車で運ばれ入院し、14日に感染が確認されたということです。

 男性は発症前の2週間以内に中国への渡航歴はなく、肺炎患者との明確な接触は確認されていないということです。

 名古屋市の各区の保健センターで相談窓口を開設していますが、休日については、中保健センターなどで受け付けるということです。

最終更新:2/15(土) 9:09
中京テレビNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事