ここから本文です

貯金1,000万円以上の人に聞いた!「これだけは絶対にしない」お金にまつわる大切なこと

2/15(土) 21:40配信

kufura

「なかなかお金が貯まらな~い」と嘆いている、そこのあなた。自分では気付いていないだけで、日々ムダな買い物をしたり、もったいないお金の使い方をしてはいませんか? 今回『kufura』では、1,000万円以上の貯金に成功した人たちに、「お金にまつわることで、これだけは絶対にしないこと」を聞いてみました。貯金額1,000万円を達成するために、どんなことに気をつければいいのか、貯蓄のための賢い工夫を見ていくことにしましょう。

貯金額1,000万円を達成するためには努力が必要

まずは、20~40代の男女500人を対象に、「あなたは貯金が1,000万円以上ありますか?」と聞いてみました。

「ある」・・・77人

「ない」・・・423人

1,000万円以上の貯金がある人は、約15%という結果に。もちろん収入が多く、簡単に貯金ができる人もいると思いますが、一般的に人はお金があればあるだけ使いたくなるものなので、やはり1,000万円を貯めるにはそれなりの努力や工夫が必要になります。

貯蓄額1,000万円越えの皆さんが、貯金を増やすために日々の生活の中でどんなことに気を付けているのか、さまざまなポイントを以下ご紹介していきます。

1,000万円以上貯めるためには、日々の努力が欠かせません。皆さん、特に変わったことをしているわけではなく、日々のちょっとした節約の積み重ねで、着実にお金を貯めているようです。

外で飲み物を買ったり、飲んだりしない

「外出先で飲み物は買わない」(41歳・女性/主婦)

「外出するときは、必ず水筒持参で出かける。外で飲み物を買ったり、カフェに入ったりしない」(48歳・女性/その他)

「自動販売機やコンビニで飲み物を買わない。そもそも、もったいないのでコンビニでは買い物をしない」(33歳・女性/営業・販売)

「カフェにはなるべく行かないようにする」(49歳・女性/営業・販売)

いちばん多かったのが、この飲み物の出費に関すること。仕事の途中や外出の途中で、自動販売機やコンビニ、カフェなどを見つけると、ついつい飲み物を買ってしまうという人も多いのではないでしょうか? ただ、1回ごとの金額はそれほど気になるものではありませんが、積もり積もればかなりの出費になります。

最近は、ミニ水筒やマイボトルが人気なので、そこに好みの飲み物を入れて出かければ、いちいち外で飲み物を買う必要がなく、かなりの節約になります。これは心がけ次第でだれでもできることなので、ぜひ皆さんも早速始めてみてください。

1/3ページ

最終更新:2/15(土) 21:40
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ