ここから本文です

これぞ復縁マスター! ヨリを戻したセレブカップルたち

2/15(土) 21:02配信

ELLE ONLINE

恋に落ちて、一緒になって、別れて、またくっついて……そのパターンの繰り返しのように思えるセレブの恋愛。彼らは、いつも目まぐるしい愛、憎しみ、欲望に巻き込まれていて、それはテレビのメロドラマよりもドラマチックな様子。破局後、どうやって関係修復を図ったかも気になるところ。そこで、何年にも渡って、オンオフを繰り返す復縁マスターたちをご紹介。

ジャスティン・ティンバーレイクとジェシカ・ビール

2007年に交際がスタートし、2011年3月に破局。その6月、『Vanity Fair』でのインタビューにて、ジャスティンは「彼女は私の30年の人生の中で最も大切な人。つらいから、彼女については話さない」のコメントとともに、どれだけジェシカが恋しいかを告白。その10月にヨリを戻したふたりをみると、もう1度愛を信じられるかも?

ミーガン・フォックスとブライアン・オースティン・グリーン

ミーガンとブライアンは、ミーガンが18歳の時に交際をスタートさせ、23歳の時に婚約するも、結婚前に破局。1年後にふたりはヨリを戻し、そのまま2010年にゴールイン。今は3人の子供に囲まれている。2015年にミーガンが離婚を申請したが、2016年に妊娠が発覚したことにより、離婚申請を取り下げ。第三子がふたりの仲を復活させたのは間違いない。

ジャスティン・ビーバーとヘイリー・ボールドウィン

ジャスティンとヘイリーは、彼女いわく、仲が悪くなるまで2016年に一時的に交際していた。「友達じゃない期間を長く経たわ」と2018年5月、イギリスのニュースペーパー『The Times』にコメント。しかし、婚約発表のわずか1ヶ月前に、ふたりは急接近し結婚。

ジジ・ハディッドとゼイン・マリク

2018年3月、キュートなふたりが理由もわからないまま、破局を迎えるまで、ジジとゼインは2年間交際を続けていた。その後、インスタグラム上で関係性のアップデートを発表。ジジがインスタグラムのストーリーでゼインとのハグをアップしたことで、ヨリを戻したことが発覚した。

その後2019年1月にまた破局してしまったと報じられた。3月にはゼインがジジへの愛を堂々とツイートしていたけれど、関係が修復されることはなかった。

これからしばらく2人の動きに注目したい。

1/2ページ

最終更新:2/15(土) 21:02
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ