ここから本文です

福島県「新型肺炎」感染者2人受け入れ クルーズ船から病院へ

2/15(土) 15:26配信

福島民友新聞

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で起きた新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の集団感染で、県は14日、感染した乗船者2人を治療のため県内の感染症指定医療機関で受け入れたと発表した。受け入れは県内初。
 県によると、13日午後5時ごろ、厚生労働省から感染者2人を受け入れてほしいと要請があり、県が受け入れ先の調整を進めた。2人は14日午前に下船し、昼前に厚労省が手配した救急車1台で横浜市を出発、午後3時25分ごろ、県内の同じ病院に運ばれた。2人は他の患者とは隔離され、室内の空気が外に出ない陰圧室に搬送されたという。

最終更新:2/15(土) 16:31
福島民友新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ