ここから本文です

忖度、視聴率至上主義、驕り…テレビ業界は“八方塞がり”?『さよならテレビ』の監督と議論

2/15(土) 9:10配信

AbemaTIMES

 東海テレビが2018年秋に名古屋地区で放送、大きな話題を呼んだドキュメンタリー番組『さよならテレビ』。同社報道部を長期にわたり撮影、情報番組のアナウンサー、契約社員のベテラン記者、そして派遣社員の新人記者の3人を軸に、ネット上では“マスゴミ”と呼ばれ、視聴率競争や働き方改革など、番組制作の現場が抱える様々な矛盾を映し出した作品だ。

【映像】激論!「さよならテレビ」監督と考える報道の未来

 今、その映画版が各地で公開され、再び注目を集めている。ポレポレ東中野(東京・中野)の大槻貴宏代表は「まず全ての回が満席というのがすごい。そして、出てくる時のお客さんたちが、何か喋りたそうな顔をしている。そういう映画だというのが面白いところだ」と話す。

 監督を務めたのは、自らも社員で報道部員の土方宏史氏。「良くも悪くも局がお墨付きを与えているわけではないし、ある程度の年齢よりも上の人は怒っているが、ローカル局の現場で起きていることを1年7カ月取材して、そこから見えてきた象徴的なテレビの現状を映しただけだ。それでも社内では“アンタッチャブル”というか、なかったことになっている感はある」と苦笑する。

 「いまのテレビは、もう解決できないくらいに八方塞がりだ。働き方改革も問題になっているし、スポンサーや視聴者、会社の内部・上層部に忖度していることも問題だ。ネットにもやられている。そして、視聴者もそのことをすでに知っているが、テレビ自身は今まで出してこなかった。そもそも報道やメディアというものは、問題があるところを視聴者の代わりに見に行き、お伝えするのが仕事なのに、テレビ局のドキュメンタリーが無いのは変だと思った。そこにプロデューサーが“東海テレビはドキュメンタリーのテーマにタブーはない”と言ってくれたので作った」。

■「果たして優秀な局員がどれだけいるかだろうか」

 作品について、NHK、フジテレビを経て、現在は動画制作会社「Hariver」代表を務める張江泰之氏は「(テレビ番組版を)フジテレビにいた時に見て衝撃を受けた。東海テレビはよくこれを作らせたと思う。今のテレビが抱える問題を的確に伝えることができていたという意味においては、世に問うたという意味ではすばらしいことだと思った。ただ、年配のテレビマンからは相当怒られたのではないか(笑)」とコメント。

 「今のテレビは打たれ弱いし、僕がいたテレビ局もそうだが、忖度や危機管理をどうすればいいかという話ばかりで、何をやりたいのか分からなくなっている。そして、今、果たして本当にテレビをやりたいと思って入ってくる優秀な社員がどれだけいるかだろうか。あえていうが志を持っている優秀な社員は少ないと思うし、ネットに流れてしまっていると思う」。

1/3ページ

最終更新:2/15(土) 9:10
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事