ここから本文です

昨年Vオペルカ 準々決勝で敗れ姿消す、世界131位ユングに逆転負け<男子テニス>

2/15(土) 16:25配信

tennis365.net

ニューヨーク・オープン

男子テニスのニューヨーク・オープン(アメリカ/ニューヨーク、室内ハード、ATP250)は14日、シングルス準々決勝が行われ、第3シードのR・オペルカ(アメリカ)は世界ランク131位のユング・ジェイソン(台湾)に7-5, 4-6, 4-6の逆転で敗れ、ベスト4進出とはならなかった。

【オペルカが苦言「不平等」】

昨年の同大会覇者である22歳のオペルカはこの日、9本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに85パーセントの高い確率でポイントを獲得し第1セットを先取。しかし、第2・ファイナルセットでは2度のブレークを許して予選から勝ち上がってきたユングに敗れた。試合時間は1時間51分。

勝利したユングは準決勝で世界ランク98位のA・セッピ(イタリア)と対戦する。セッピは準々決勝で同63位のJ・トンプソン(オーストラリア)を逆転で下しての勝ち上がり。

同日には第6シードのM・キツマノビッチ(セルビア)、第8シードのK・エドモンド(イギリス)が4強へ駒を進めた。

最終更新:2/15(土) 16:25
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事