ここから本文です

爆笑問題「江戸まち たいとう芸楽祭」千秋楽に急きょ登壇! 最新時事ネタで沸かす

2/15(土) 20:34配信

TOKYO HEADLINE WEB

 第2回「江戸まち たいとう芸楽祭」クロージングイベントが15日、浅草公会堂にて行われ、人気講談師・神田松之丞改め六代目・神田伯山や爆笑問題らが出演し千秋楽を盛り上げた。

 台東区で開催する、芸能・芸術文をテーマとしたイベント第2回。8月から夏の陣・冬の陣に分け、台東区各地で多彩な芸能イベントなどを実施してきた。

 その千秋楽となるクロージングイベントには、浅草花やしき花振袖による華麗な舞、藤山大樹による日本の伝統的な手品“手妻”、AUNJクラシックオーケストラによる和楽器演奏といった、多彩な芸能の演目が繰り広げられ会場を魅了した。

 先日、真打に昇進した神田松之丞改め六代目・神田伯山は襲名披露公演から駆け付け、講談『扇の的』で、会場を圧倒。

 また、この日は会期中に行われた、ビートたけし杯「お笑い日本一」優勝者が登場するはずだったが、今回は受賞者無しという結果に終わったため急きょ、爆笑問題が登場。薬物事件や不倫問題といった芸能界の最新ニュースから、コロナウイルス、“桜を見る会”論争まで、時事ネタ漫才を繰り広げ、会場を盛り上げた。

 フィナーレでは、江戸時代から浅草歌舞伎で行われていたという“手ぬぐいまき”を出演者らが行い、観客を喜ばせた。

最終更新:2/15(土) 20:34
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事