ここから本文です

勝浦で「ハーマン号」慰霊祭 犠牲230人しのぶ

2/15(土) 12:03配信

千葉日報オンライン

 勝浦沖で151年前に沈没した米国船籍蒸気外輪船「ハーマン号」の慰霊祭が13日、千葉県勝浦市川津の津慶寺で営まれた。市民ら約60人が参列し、犠牲になった約230人の冥福を祈った。

 同船は1869年2月13日、五稜郭の旧幕府軍制圧に向け、熊本藩兵約350人と米国人船員約80人を乗せて航行中に暴風雨に遭い同所沖で沈没。地元住民が日米乗員に対し分け隔てない救助を展開した。

 あいさつに立った土屋元市長は、当時の住民が犠牲者を手厚く葬り、長年供養を続けてきた歴史に敬意を表し「遺族の深い悲しみに思いを馳せ、海の安全を心から祈る」とあいさつ。参列者が献花して犠牲者をしのんだ。

最終更新:2/15(土) 12:03
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ