ここから本文です

新型肺炎で死亡の80代女性、発症直前に娘と昼食 娘は感染が確認された都内タクシー運転手の妻

2/15(土) 11:53配信

AbemaTIMES

 新型コロナウイルスに感染して死亡が確認された神奈川県の80代の女性が、症状が出る直前に娘と昼食をとっていたことが15日、わかった。娘は感染が確認された都内のタクシー運転手の妻で、県は感染経路の特定を進めている。
 
 神奈川県によると、13日に死亡した80代の女性は、先月21日に県内の飲食店で娘と一緒に昼食をとっていたことがわかった。娘は同じく感染が確認された都内のタクシー運転手の妻で、タクシー運転手の男性が同席していたかは分かっていない。

【速報】発症直前に娘と昼食

 女性はこの日の翌日に倦怠感を覚え、症状が悪化。今月1日から入院していた。女性は死亡するまで1つの病院で受診した後、2つの病院で入院していた。

 女性の娘が感染していたかどうかについてはわかっていない。(ANNニュース)

最終更新:2/15(土) 13:33
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事