ここから本文です

「なでしこジャパン」候補合宿入り!聖火出発地・Jヴィレッジ

2/15(土) 16:08配信

福島民友新聞

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」候補が14日、Jヴィレッジ(楢葉町、広野町)で合宿入りした。19日まで。東京五輪へ向けた今年最初の合宿で、聖火リレーの出発地から頂点を目指す。
 東日本大震災後、なでしこジャパンがJヴィレッジで合宿を行うのは昨年2月に続き2年連続。3月に米国で開催される女子の国際親善大会「シービリーブスカップ」に向けた最終調整の意味合いもある。
 高倉麻子監督(福島市出身)や選手、スタッフら約30人が参加。本県関係では、白河市出身のMF遠藤純(日テレ)をはじめ、JFAアカデミー福島出身のGK平尾知佳(新潟)、DF三宅史織(INAC神戸)、FW菅沢優衣香(浦和)が合宿メンバーに選ばれた。初日はパス回しなどの基礎練習を約1時半行った。

最終更新:2/15(土) 16:08
福島民友新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事