ここから本文です

東京など関東の上空に虹色の環「ハロ」が出現 

2/15(土) 10:03配信

ウェザーニュース

 今日2月15日(土)午前の関東は、昨日14日(金)に引き続き、太陽のまわりにまるい虹のようなものが出現しているところがあります。この現象は「ハロ」または「暈(かさ)」と呼ばれ、天気が悪くなる前に見られることがあります。

 ハロは大気光学現象の一種で、氷の粒で出来た雲によって太陽光が反射・屈折することで、半径22度の環状に光る部分が見えています。

雨の前触れを示す雲や現象

 低気圧の接近前には、その距離によって見られる空模様に特徴的な変化がみられることがあります。空高く薄い雲から始まり、だんだんと雲が低く厚くなってきます。

 ハロはこの途中で見られることが多く、上空の薄い雲が出ているときに見られることがあります。その後、ハロが見えなくなり縞模様の雲や低い雲が増えてくると、低気圧や前線が近づいているとみることが出来ます。

 今日は本州の南側を東に進む低気圧が関東に接近しているため、薄雲が広がりハロが見えたみられます。

明日16日(日)は朝から雨に

 低気圧が段々と近づくため、関東南部は16日(日)の朝から雨が降ったり止んだり。一時的に雨が強まり、雷雨になる可能性もあります。

16日(日)にお出かけを予定されている方はピンポイント天気予報や雨雲レーダーをご活用ください。

ウェザーニュース

最終更新:2/15(土) 10:03
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ