ここから本文です

40代におすすめ!朝の「レモン白湯」で若見えダイエット

2/15(土) 21:50配信

All About

◆白湯にプラスするならレモン! レモン白湯ダイエットとは?

アラフォー世代は、タダでさえ仕事や子育てに忙しいお疲れ世代。最近、肌がくすむ、弾力がない、肌荒れが治らない、などの「お疲れ顔」に心当たりはありませんか?

それはただの一時的な疲れではありません。老化が進み、代謝が落ちはじめたサイン。これ以上、頑張って欲しくない。でも諦めるのはまだ早い!

そんな今こそ、レモンをぎゅっと絞った白湯を飲む習慣を取り入れて、若返りスイッチを入れましょう。

同じく40代の管理栄養士である筆者も実践中です。特に寒い朝の一杯は、じわっーと全身がほぐれてラクになります。

◆肌の新陳代謝の周期……20代は28日周期ですが、40代は2倍の2カ月も!

「最近、疲れてるね?」と言われてしまう、老け顔の原因は若いころとの肌の新陳代謝の周期の違いです。

肌の新陳代謝はピークの20代で28日周期。それが40代には、2倍の2カ月、60代で3カ月かかるのです。新陳代謝が衰えると古い細胞が蓄積され大切な新しい細胞を生み出す機能を損ないます。これが老化のはじまりです。

ケアをしても肌がきれいにならない、ダイエットしても痩せない、手足が冷える、寝ても疲れが取れない。これらも、すべて老化による代謝低下です。

◆「白湯」は弱った体にもやさしく無理なく効果が現れる

体の7割は水分です。血液中にも筋肉中にも存在し、体内を巡ります。

私たちが1日に飲みたい水分は約2~3L 。そのうち2Lは飲み物で、1Lが食事からがよいといわれています。

飲み物は、体内に吸収されるスピードが早いため、効果が出やすいもの。また食事改善よりも手軽なので、無理なく続けられるはず。

しかも、白湯は、飲み物の中でも体への刺激が最も少なく、弱った体にも安心して飲めます。この優しさがポイント。

レモンは非常に強い排泄力を持っているので、体が弱った時に飲みすぎるとお腹を壊すことがあります。そこで、白湯で温めることで緩和し、安心して飲むことができるのです。

余裕があれば、やかんで10~15分煮立せるのがベターですが、無理ならレンジでチンでもOK 。毎日無理なく続けられる方法で大丈夫です。

温度の目安は“人肌程度”と覚えましょう。体温37度というのは最も細胞の代謝が上がる温度だからです。

1/3ページ

最終更新:2/15(土) 21:50
All About

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事