ここから本文です

エクセラン高校美術科の生徒が卒業制作展 長野・松本市

2/15(土) 17:43配信

SBC信越放送

エクセラン高校美術科の生徒が卒業制作展 長野・松本市

県内で唯一、美術科があるエクセラン高校の生徒の卒業制作展が松本市美術館開かれています。
会場に並ぶのは日本画やデッサン、彫刻などおよそ50点。
西村茉亜子さんの油絵の自画像「トランスルーセンス」は、大人でも子どもでもない高校生ならではの思いや不安、悩みを抱えながらも何かをつかみたいという意志を表現しました。
西村さんは「手を実際より一回り大きく、下から見上げる構図で描いたので、その迫力にも注目して欲しい」と話していました。
卒業する9人は全員が大学や専門学校で制作を続けるということです。
展覧会は、松本市美術館であすまで開かれます。

最終更新:2/15(土) 18:26
SBC信越放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事