ここから本文です

トライアンフ、旧型モデルから大幅に軽量化を果たした新型『タイガー900』を発表

2/15(土) 10:10配信

オートスポーツweb

 2月14日、トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社は、アドベンチャーバイクの新型『TIGER(タイガー)900』を発表した。販売価格はグレードにより変わるが158万円(税込)~。発売時期は2020年4月上旬予定だ。

トライアンフ・タイガー900(ピュアホワイト)

 今回トライアンフが発表した新型タイガー900は、レスポンスがさらに向上した新設計900ccトリプルエンジン、高水準のスペックを搭載し、旧型タイガーモデルよりも大幅に軽量化。俊敏でダイナミックなミドルクラスアドベンチャーバイクとして生まれ変わっている。

 900ccトリプルエンジンは2020年から導入されるヨーロッパの排ガス規制『ユーロ5』に適合。また20リッター大型燃料タンクの装備によりロングライドを実現している。

 トップスペックとなるタイガー900GT Pro、Rally Proには、シートヒーター(後部座席は別操作)とタイヤ圧モニタリングシステム(TPMS)が搭載されている。

 タイガー900 Rally、Rally Proのカラーリングは、マットカーキ、サファイアブラック、ピュアホワイトの3種類。タイガー900 GT、GT Proのカラーリングは、コロシレッド、サファイアブラック、ピュアホワイトの3種類が用意されている。





それぞれの車種の販売価格は以下の通り。
車種名/車体色/販売価格
タイガー900 GT/ピュアホワイト/158万円(税込)
タイガー900 GT/サファイアブラック、コロッシレッド/160万6500円(税込)
タイガー900 Rally/ピュアホワイト/166万円(税込)
タイガー900 Rally/サファイアブラック、マットカーキグリーン/168万6500円(税込)
タイガー900 GT Pro/ピュアホワイト、サファイアブラック、コロッシレッド/182万円(税込)
タイガー900 Rally Pro/ピュアホワイト、サファイアブラック、マットカーキグリーン/186万円(税込)


[オートスポーツweb ]

最終更新:2/15(土) 10:10
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事