ここから本文です

7度のNASCAR王者ジミー・ジョンソン。2021年以降のインディカー参戦に興味

2/15(土) 21:40配信

オートスポーツweb

 サーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催されたインディカー・シリーズの合同テスト。アロウ・マクラーレンSPのゲストとしてNASCAR王者のジミー・ジョンソンがパドックに訪れ、インディカー参戦を示唆した。

“スパイダーマン”の愛称で知られるNASCARのスター、ジミー・ジョンソンは、2001年にヘンドリック・モータースポーツからカップシリーズに参戦。2006年にチャンピオンを獲得すると2010年まで5連覇を達成。さらに2013年、2016年にもチャンピオンに輝いた。

 昨年11月20日に自身のTwitterに1分間の動画を投稿し、2020年を最後にNASCARのフルタイムドライバーから退くことをアナウンスしたジョンソン。インディカー合同テストにマクラーレンSPのゲストしてパドックを訪れ、インディカー参戦に興味があることを語った。

「(エアロスクリーンの追加により)インディカーレースのすべてのコースで安全性が確実に向上するよ」

「僕は今、確かに学んでいる。自分が慣れ親しんだ世界とはまったく異なる世界だけど、サンディエゴで育っていた子供の頃には、レースするのを夢見ていた世界だよ。僕のヒーローは、インディ500でレースをしていたドライバーたちだった。ロングビーチグランプリを観戦したこともあったよ」

「これは僕にとって学習であり、(インディカーは)いつも見てきて、まわりにあり、死ぬまでにやりたいリストのカテゴリーに入っている」

「来年、僕はオープンであり、インディカーやスポーツカー、またはルーツであるオフロードに戻るチャンスであることは明らかだよね。すべてをみて、何をもたらすか考えている」とジョンソン。

 彼をよく知るチーム・ペンスキーのウィル・パワーも「彼がここに来るのなら、とてもクールだね」とインディカー参戦を期待している。

[オートスポーツweb ]

最終更新:2/15(土) 21:40
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ